上沼恵美子はM-1審査員続投? 梶原降板騒動でよぎる“事件”

公開日: 更新日:

「関西の女帝」上沼恵美子(65)がご乱心だ。6月中旬に行われた「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)の収録中、およそ5年にわたり準レギュラーメンバーとして可愛がってきたキングコングの梶原雄太(39)にダメ出しを浴びせ、「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCテレビラジオ)との2番組を降板に追いやったと話題なのだ。

 降板の理由は、梶原の急性胃腸炎。しかしその実態は、「えみちゃんねる」で構成作家を務める上沼の次男が、“人を見て態度を変える”など梶原のマイナス要素を吹聴したというのだ。登録者数100万人を超えるユーチューバー「カジサック」として大成してから、テレビを軽視する言動が増えたことも腹に据えかねた、というウワサも。そんな次男も、女帝の一声で同番組から外されたと報じられた。

 こうした騒動に対し、ABCラジオの岩田潤社長(56)は8日に行われた朝日放送(大阪市)の定例社長会見で、梶原が「上沼恵美子のこころ晴天」を6月で降板したことを「7月の改編タイミングで所属事務所と相談して交代した」と説明した。

 過去にも梶原は芸人を一時休業した経歴があり、それでも温かく迎えてくれたテレビや周りの芸人を軽視するなど非はあるのだろうがが、本番中に私的感情で口撃した上沼もかなりのパワハラ的存在。関西では、はっきりとしたもの言いで主婦層を中心に共感を集めているが、過ぎる横暴に頭を抱えるスタッフが多く、共演に難色を示す芸能人も少なくない。2018年末の“M-1事件”は、起こるべくして起こったといっていいだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?