竹内涼真の汚名返上は?「君と世界が終わる日に」の課題

公開日: 更新日:

「予想以上に迫力がありましたね」(在京キー局関係者)

 地上波ゴールデン帯の連ドラでは日本初の本格ゾンビ作品と鳴り物入りだった竹内涼真(27)主演の「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系日曜夜10時半)。17日の初回放送の世帯平均視聴率は8.4%だった(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

「同枠の前々作『親バカ青春白書』、前作の『極主夫道』がいずれも初回2ケタ発進だったことを考えれば、物足りない数字ではあります。“乗り換え愛”で評判を落とした竹内の人気の陰りを指摘する声もありますが、ゾンビが出てくるシーンも、しょぼい印象はなかったし、十分に及第点だと思いますね」(前出の在京キー局関係者)

 ネット上には世界中で大ヒットしているゾンビドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」(2010年~)と比較する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る