「ザ・空気ver.3」底知れない時代の闇を見据えた会心作

公開日: 更新日:

 安倍政権によって牙を抜かれた日本のマスメディアの惨状を描いた永井愛(作・演出)の「ザ・空気」シリーズの第3弾。

 舞台はテレビ局の9階会議室。

 BSニュース番組「報道9」でリベラル派と「新政権の40日」を巡る対談に出演するため局に来た政治評論家の横松(佐藤B作)は検温で37・4度だったため、コロナ対策の基準に微妙に引っかかり待機させられる。

 イラつく横松をなだめるチーフディレクターの新島(和田正人)、ADの袋川(金子大地)、サブキャスターの立花(韓英恵)ら。

 そこにチーフプロデューサー・星野(神野三鈴)が現れる。彼女は政府に批判的な番組作りをしたため局上層部の不興を買い、今夜の放送で番組を降りることになっている。この会議室は彼女がかつて私淑した桜木が自殺した部屋だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る