新宿梁山泊「唐版・犬狼都市」鮮烈なラストシーンに震撼

公開日: 更新日:

 演劇の町・下北沢では小田急線の線路跡地を利用したさまざまなイベントが展開されている。線路街空き地では演劇の町を築いた「本多劇場グループ」と連携し、新宿梁山泊が「唐版・犬狼都市」を上演中だ。唐十郎が作家・澁澤龍彦の「犬狼都市・キュノポリス」に想を得て書いた作品で1979年初演。

 この作品には、いわく因縁がある。

 アングラ演劇の旗手として絶大な人気を誇った唐十郎と状況劇場が「公序良俗に反する」として、根城にしていた花園神社を追われたのが1968年。翌69年1月3日には新宿中央公園での無許可テント公演で機動隊と衝突し唐は逮捕。その後、日本南下興行、バングラデシュ、レバノンなど海外公演を経て、再び新宿西口に戻って上演したのが「唐版・犬狼都市」なのだ。

 冒頭、巨大な枕木を背負って登場する男(奥山ばらば)。彼はエジプト神話でオクシリンコス(鱗魚族)との闘いに敗れ、安住の地を追われた犬狼族だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る