二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー氏が滝沢秀明を自身の後継プロデューサーに指名

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(21)

 事務所がジャニー喜多川メリー喜多川の両輪で回っていた時代。2人を支えるスタッフも適材適所に配置していた。

「社長・副社長の全盛期は業界内でもその厳しさで通っていました。社内の異動も少なく、離職率も低かった」(芸能関係者)

 異色の部署(?)もあった。2009年4月、SMAPのメンバーだった草彅剛が泥酔。深夜の六本木ミッドタウン近くの公園で裸になるなどの行為で警察に逮捕される事件があった。急きょ、事情説明のために事務所玄関先に現れたのが中年男性だった。

「事務所の者」と言うだけでメディアはもちろん、所属タレントの間でも「事務所にあんな人がいるの」と話題になっていた。基本、タレントはあまり事務所に行くことはない。知らないスタッフがいても不思議はないが、メディア対応した幹部クラスと思われる人を知らないのは驚きだった。元事務所関係者に聞くと、意外な答えが返ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る