著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニー氏が滝沢秀明を自身の後継プロデューサーに指名

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(21)

 事務所がジャニー喜多川メリー喜多川の両輪で回っていた時代。2人を支えるスタッフも適材適所に配置していた。

「社長・副社長の全盛期は業界内でもその厳しさで通っていました。社内の異動も少なく、離職率も低かった」(芸能関係者)

 異色の部署(?)もあった。2009年4月、SMAPのメンバーだった草彅剛が泥酔。深夜の六本木ミッドタウン近くの公園で裸になるなどの行為で警察に逮捕される事件があった。急きょ、事情説明のために事務所玄関先に現れたのが中年男性だった。

「事務所の者」と言うだけでメディアはもちろん、所属タレントの間でも「事務所にあんな人がいるの」と話題になっていた。基本、タレントはあまり事務所に行くことはない。知らないスタッフがいても不思議はないが、メディア対応した幹部クラスと思われる人を知らないのは驚きだった。元事務所関係者に聞くと、意外な答えが返ってきた。

「タレントの住まいや駐車場の手配を主にやっている人でしょう。タレントの住まいは個々の希望もあるし、セキュリティーの問題もある。タレントが増えたことで専任する人が必要になった。タレントは自分で探す時間はない。希望をマネジャーやデスクに伝える。タレントが専任の人を知らなくて当然だと思う」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路