二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(13)

 ジャニーズ事務所副社長時代のメリー喜多川氏を「冷血漢」という業界関係者がいた。冷血漢とは“人間らしい温かみに欠けている”という意味だ。話をこう続けた。

ジャニー喜多川氏が愛情いっぱいに育てた少年たちを厳しく指導してきたのがメリー氏。弟のアメに対し、姉はあえてムチになったと思う。批判的な声が出ても、信念を曲げずに徹底してきたことは逆に凄い。アイドルビジネス成功はメリー氏の冷血漢ぶりがなくしてできなかった」

 厳しい姿勢の大半はタレント教育に向けられていたと思う。

「結婚したいなら、事務所を辞めてからにして」と言っていたメリー氏。タレントが適齢期を迎えるにつれ結婚は徐々に認めるようになったが、いまだに公に披露宴を開いた者はいない。おそらく、元フォーリーブスの青山孝の結婚披露宴にジャニー氏と一緒に出席したのが最後だと思う。余談だが、芸能人の結婚式が高視聴率を取ることからテレビ局の優良コンテンツだった昭和。木村拓哉工藤静香の結婚式が中継されていたら、50%を超える視聴率も夢ではなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る