吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

公開日: 更新日:

〈イケメンの花園〉なんて見出しを打った女性週刊誌もあった。14日にスタートしたNHK大河ドラマ「青天を衝け」の話である。

 誰が言ったか、主人公の渋沢栄一を演じる吉沢亮(27)は「国宝級イケメン」。

 中学時代に、学年の3分の1の女子生徒から告白されたという逸話があるんだとか。

 脇を固める共演陣も、高良健吾(33)をはじめ、満島真之介(31)、町田啓太(30)、岡田健史(21)と人気のイケメンがずらりだ。

「NHKの“キャスティング力”としか言いようがありませんが、『青天を衝け』の凄いところは20代、30代の若手だけではなく、大谷亮平玉木宏ディーン・フジオカと、40代の主役級イケメンまで揃えたところ。トドメは徳川慶喜役の草彅剛で、幅広い世代の女性を取り込もうという意気込みを感じさせますが、裏を返せばNHKの焦りの表れなのかな、と」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る