ももクロ「田中将大」リリース なぜ球界にもファンが多い

公開日: 更新日:

 ももいろクローバーZ(通称 ももクロ)が最新アルバム「田中将大」を24日にリリース。ももクロのファン「モノノフ」で有名な田中将大投手(32)が、東北楽天ゴールデンイーグルス時代に使用していた既存曲に2014年の米メジャーリーグ移籍後のシーズンごとに書き下ろされた楽曲を加えた、“マー君のための円盤”だ。

 双方の関係は、田中がプライベートでライブ会場に足を運んでいたおよそ8年前にさかのぼる。タレントの里田まい(36)と結婚した12年以降は「夫婦ノフ」を公言して、2人でライブを観賞。歴代の入場曲の歌詞には、田中の野望や里田の思いが反映されている。ももクロはメジャーリーグ登板で使用した「My Dear Fellow」で、14年の「第65回NHK紅白歌合戦」にも出演。応援ゲストで駆けつけた田中が楽曲を紹介している。

 田中はメンバー全員を応援する“箱推し”だが、球界にモノノフは多い。昨年のドラフト阪神タイガースから1位指名を受けた近畿大学の佐藤輝明内野手(21)は、高城れに(27)推し。公式グッズに身を包んでライブに参戦し、登板前にはお気に入りソングを聴いて、気分を高揚させるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る