ユニット「成金」で切磋琢磨 師匠から仲間を大切にしろと

公開日: 更新日:

 2014年4月、宮治は国立演芸場で、年に4回の独演会を始めた。二つ目になって3年目の若手では異例の挑戦だが、1回目から満員御礼の大入りだった。

「二つ目になりたての僕が、もがき苦しんでる姿を見てもらおうというスタンスがお客さまに受け入れられたのかも知れません。常連客が増えるにつれて、高座と客席の息が合うようになってきたのを感じました」

 それは若手の会としては理想的である。会は現在も続いており、先月3日に見に行った。コロナ対策で客席は半分しか入れなかったが、トリで演じた人情噺「ねずみ穴」は見事な出来栄えで、真打ちの芸だった。

「笑うところでは笑い、聞き入るところでは聞き入ってくれます。僕は、いいお客さまに育てられたんだとつくづく思います」

 ひょっとして、会を続けた7年の間に、宮治と一緒にお客も成長したのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る