てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

公開日: 更新日:

「朝9時から夜中1時半まで働いてましたね。休みなしで。だから日田のことは、ほとんど知らないんです(笑い)」(タモリ/NHK「ブラタモリ」2月13日放送)

 番組で大分県日田を訪れたタモリ(75)は、まだ芸能界に入る前の20代の頃、「2年半、日田にいた」と回想した。

「大きな温泉ホテルがあって、そこで内紛が絶えない。事情が分からないので、親会社の社長が友達で頼まれて、ずっと内紛の情報を探るわけ。24~25歳くらいの時。売店のおばちゃん、料理長、ボイラー技士としゃべったり、一日中歩いて情報を収集してた」と思い出を語った。

「もう辞めようと思った途端に、ボウリング場をやることになった」と言うタモリは、「メンテナンス、ボウル穴掘り、機械の修理一式、全部ライセンス取って」働いた。その頃のことを振り返ったのが今週の言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る