二つ目に昇進した年にNHK新人演芸大賞受賞するも戸惑いが

公開日: 更新日:

 2008年2月、31歳にして桂伸治に入門し、宮治という芸名で前座修業が始まる。

「30すぎて入門すると大変なのは師匠から聞いてました。『おまえより年下の先輩たちに指図されるんだよ』って。だから、地獄を覚悟していたのですが、思ったほどではなかったですね。入って半年くらいは分からないことばかりでつらかったけど、だんだん楽しくなってきました。何せセールスと違って、一生の仕事と決めた好きな道ですから。化粧品が売れたうれしさとはまったく違う充実感がありました」

 12年3月、二つ目に昇進して、その年のNHK新人演芸大賞落語部門で大賞を受賞する。

■名前を呼ばれた瞬間、『やっちゃったな』

「二つ目になって目標にしたのは、そのコンクールの予選を通って、テレビ放送される本選に進むことでした。だから通ったのがめちゃくちゃうれしくて、出た時に自分が楽しんじゃった。それがよかったのか、思いもよらない大賞受賞です。だから審査結果発表で名前を呼ばれた瞬間、『やっちゃったな』という表情をしてたはずです。こんなに早く取っちゃって、どうすんだ。真打ちになるまで10年以上もあるのに、これから何を目標にすればいいんだ、という戸惑いが先に立ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る