二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

“ジュエリーデザイナー”は芸能人にとって格好の副業だった

公開日: 更新日:

 芸能界も新型コロナで大きな影響を受けている。旧知のタレントも電話で「大物歌手が高級外車を売ったりして、かなり深刻な状況です。昔だったら副業もあったのですが、今はそれすらもない」と深刻さを伝えてきた。

 1980年代後半から始まったバブル時代は「本業よりも副業のほうが稼げた」といわれるほどだった。企業のパーティーに出て1~2曲歌うだけで軽くウン百万円を超えるギャラを取っ払いでその場でもらえる。「いい小遣い稼ぎでした」と歌手も振り返る。

 副業は業界で「ショクナイ(内職)」と呼ばれ、本来、公にしないものだが、堂々と本業のようになっていたのがジュエリーデザイナーだった。

 2000年代前半だった。メディアが芸能人の新たな副業を知るきっかけになったのが当時、タレントとして活躍していた羽賀研二だったと記憶する。ジュエリーショップや貴金属の問屋とタレントが契約。タレントがデザインしたジュエリーをメインに売る。大々的に売るのではなく、会員を集めホテルの宴会場などで着物のように「お見立て会」として開催する。デザインした本人がホストとして接客して付加価値を高めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る