二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

元光GENJI・諸星和己はあっさり当時の「口パク」を認めた

公開日: 更新日:

 半世紀を超えるジャニーズ事務所のなかでも「スーパーアイドル」と称された光GENJI。

 1987年から8年近く一線で活躍した。解散後はメンバー7人のうち5人は退所、独立した。

 諸星和己もそのひとりだった。現在、芸能活動から距離を置きハワイに在住。50歳になり自身の目線でオアフ島情報などを配信しているという。自由奔放に生きているさまは現役時代から変わっていない。

 アイドル全盛期の諸星はそれまでのアイドルの概念にない不良っぽさを出したやんちゃ系だった。衣装も頭に巻いたバンダナに羽根を立てるという奇抜さ。発言もそれまでの優等生的な先輩とは違い自由気ままに友達と話すような口調。まさに型破りなアイドルがファンには新鮮だった。

「似たようなグループを出せばファンを取り合うことになる。違ったタイプのアイドルを模索するうちに生まれたグループだったと思う。その象徴的な存在だったのが諸星。ジャニーさんが街でスカウトしたそうですから、あえてやんちゃ系も必要と考えたと思う。諸星が新タイプのアイドルとして成功したことで、後の田中聖・手越祐也と諸星と似たタイプが続いている」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る