二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「ヒット番組に名プロデューサーあり」といわれた昭和の時代

公開日: 更新日:

 元テレビ朝日の名プロデューサー・皇達也さんが20日、亡くなった。享年79。

「欽ちゃんのどこまでやるの!」や「タモリ倶楽部」などのバラエティーから「ミュージックステーション」まで次々とヒットさせた。テレ朝を代表するプロデューサーとして業界にも名を轟かせていた。

 全盛期に取材したことがあるが、声は大きく威圧感があった。3年ほど前、皇氏馴染みの店で遭遇した。昔と変わらない豪快な飲み方。大声で下ネタも絡めて女の子をからかう姿は「昔はこんなテレビマンが飲んで騒いでいたな」と懐かしかった。数年前に奥さんを亡くし慣れぬ独り暮らし。寂しさを紛らわすように飲み歩いていたと聞いた。

 皇氏しかり、各局に名プロデューサーがいた昭和。「ヒット番組に名プロデューサーあり」といわれ局を代表する顔だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  8. 8

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    原監督ベンチで“ブチ切れ”戦力不満露わ Gフロント戦々恐々

もっと見る