二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

田丸美寿々、小宮悦子、安藤優子 草分け3人の共通項は不倫

公開日: 更新日:

「女子アナ30歳定年論」はいまだに根強い。社員アナとして入社するも活動のピークは短く、毎年入ってくる後輩アナにトコロテンのように押し出されて露出が減る。

 居場所を失い窓際になっても居続けるか、結婚・退社か、フリーになるかの3択。多いのは残留組だが、フリーになる人も少なくない。

 今も元日テレの夏目三久、元NHKの膳場貴子らが活躍を続け、最近はキャスター専門の事務所も増え、フリーになる環境は整えられている。

 見る側も女性キャスターは当たり前の時代だが、昔は「大事なニュースを女性がしゃべると信憑性がなくなる」と敬遠されていた。この古い風習を打ち破ったのが田丸美寿々だった。フジの局アナからフリーとなり活躍した。肩まで伸ばした髪は適度なパーマ。高級クラブのチーママみたいな妖艶な雰囲気を持っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る