解散から13年 チェッカーズ復活を阻むフミヤと高杢の確執

公開日:

 ともに「チェッカーズ」のメンバーとして活躍した、兄の藤井フミヤ(54)と弟の藤井尚之(52)のユニット「F―BLOOD」が先日、ニューアルバムの発売記念ライブを都内で開催した。

 ライブ終了後、囲み取材に応じた2人。同ユニットの今後についてフミヤは、「このF―BLOODに解散っていう言葉はないですね」と明言。しかし、1992年に惜しまれつつも解散したチェッカーズ再結成の可能性については、「ちょこちょこは歌っているんですけど、チェッカーズの復活は難しいでしょうね。もう音楽やっていない人間もいますし」と難色を示した。

「当時のファンは再結成を切望しているが、当事者たちにその気は全くなし。というのも、あの“内紛”で生じたメンバー間の溝を埋めるのは至難の業だからです」(音楽業界関係者)

 チェッカーズの“内紛”の火種となったのが、2003年6月に元メンバーの高杢禎彦(54)が発売した自伝エッセー「チェッカーズ」(新潮社)だった。同書の中で、高杢はまるでフミヤが解散の“戦犯”であるような書き方をし、さらにはフミヤがさも“銭ゲバ”のようなエピソードまで。この本が原因により、04年8月にクロベエこと元メンバーの徳永善也さん(享年40)が亡くなった際、高杢と高杢派の鶴久政治(53)は「お別れ会」の発起人に名を連ねることができず、2人はメディアを通じてほかのメンバー4人への怒りをぶちまけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る