三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

「静かにしろっ!」と大声で叫んでた体育教師を思い出す

公開日: 更新日:

 聖火リレーが盛り上がってるのか盛り上がってないのか微妙な感じですが、無理やり盛り上がってるってことにしてオリンピック開催に向けて悪あがきしている様子は見てて、ほほ笑ましいですね。

 沿道に人は集まらないでね、でも本当に全然集まらないとそれはそれで困るから走るルートは発表するよ。物好きたちが集まったらマスクして声は出しちゃいけないけど手拍子で盛り上げてね。スポンサーは絶対だからスポンサーの名前入り大型バスの上からDJは大声出すよという矛盾だらけ。学生時代の朝礼で「静かにしろって言ってるだろっ!」と一番大声で叫んでた体育教師を思い出します。

 だいたい感染者の多い地域は聖火リレーを通さないらしいんですが、オリンピック本番直前に関東圏が感染者が多かったらどうするんでしょうか。スタジアムに聖火は届けられるのでしょうか。静岡から神奈川―東京を陸路で通ると危ないので、海路で深夜、芝浦ふ頭に聖火を運び込みますってなんかの密輸ルートみたいですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る