ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

昭和のハレンチ宴会芸の数々 今ならセクハラで“死刑モノ”

公開日: 更新日:

 俺のユーチューブ「ダンカン Youtublog」は基本、ペナント中は俺が愛してやまない阪神タイガースの話題を毎回配信しているのですが、プロ野球のないシーズンオフはあれやこれやと超くだらなかったりお下品な企画などもやっています。

 そんな中、先日「昭和の宴会芸」を紹介しました。う~ん、しかし、今改めて振り返ると、昭和というのはなんだったのだろう!? とにかく老若男女、仕事や行事などが終わると毎回毎回、確実にワイワイガヤガヤ宴会を催すのが当たり前だったのです。

 飲みに行くのを強要するとパワハラになるという、現在では信じられない夜な夜なの大サワギは夢だったのでは?とさえ思うのです。

 そして、酒が入ると必ず「オイ! だれか芸やれ!! 余興やれー!!」と年配や先輩の合図とともに下の者はいやいやながら(中には率先して腹に顔を描いて踊る者などもいましたが)大概は座敷の柱にしがみつき「ミ~ンミ~ン」とセミになったり、ジョッキになみなみと酒をつぎ「一気飲みやりまーす! ゴクゴクゴク……ウッウウウ……プワ~!!」と飲み干す者などもいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る