ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

やっと俺も息子もメジャーになったゾの巻

公開日: 更新日:

 宝くじに当たりました~!! といっても年末ジャンボとかサマージャンボで数億円のお金が転がり込んできたわけじゃなくて、3月5日からの舞台で俺と息子・虎太郎の「夢の親子共演」(ま、世間的に夢かと問われれば無口になってしまいますが……)が実現するのです!!

 芝居のタイトルは「陽だまりの樹」(上演台本&演出・樫田正剛)なのだ。これは原作がなんと漫画界の神様、手塚治虫先生(神様なのに俺たちは子供の頃、オサムシ! オサムシ! と言ってたな~)であり、そして出演者はなんと菅田琳寧くん(7MEN侍/ジャニーズJr)に早乙女友貴くんをはじめ、将来の芸能界を背負って立つ若者が出るわ! 出るわ!

 まさか62歳になって俺がジャニーズJrに入るとは!?失礼、取り乱しました~!ジャニーズJrと共演するとは(ジャニーズJrからは15歳のウイウイ初々しい阿達慶くんも参加しています)、しかも親子で……芸能の神様も熱が出て意識がもうろうとしていたのだろうか??

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る