追悼・若松武史さん 毒と華を併せ持つ希代の俳優だった

公開日: 更新日:

 個性派俳優の若松武史さんが甲状腺がんのため14日に亡くなった。享年70。NHK大河ドラマ「武田信玄」「龍馬伝」「八重の桜」をはじめ、多数のテレビ、映画にも出演した。「武田信玄」では信玄の弟・信繁役に抜擢され、その演技力が高く評価された。

 東京出身。日大芸術学部在学時代に学生劇団「転倒虫」を結成。寺山修司の「毛皮のマリー」を上演したことから寺山演劇に傾倒し、寺山が主宰する演劇実験室・天井桟敷に入団。跳躍力を生かした独特の身体表現で注目され、中・後期天井桟敷の中心俳優として活躍した。彼がポーランドの前衛演出家グロトフスキーに触発されて編み出した「大滅亡」という跳躍と痙攣の身体術は海外公演で観客の度肝を抜き、天井桟敷演劇の代名詞ともなった。

 1983年に寺山が死去し、劇団が解散するとミュージカル、ストレートプレーと活躍の場を広げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る