「斬られの仙太」分断が進む現代社会 虚無と祈りの群像劇

公開日: 更新日:

 初演は1934年。日本演劇界の巨人・三好十郎の最初期の作品で、中・長編小説といってもいいセリフ量の戯曲で、そのまま上演すれば7時間にも及ぶが、今回、演出の上村聡史は3幕4時間20分に凝縮した。80余の登場人物を早変わりで演じるのはフルオーディションで選ばれた16人の俳優。

 主人公は常陸国の水のみ百姓・仙太(伊達暁)。兄が凶作のために年貢の減免をお上に訴えたが、百叩きの上、村を追われたのを見て仙太も出奔する。

 一時はやくざに身を落とすが、帰村の途中で出会った郷士・甚伍左(青山勝)と水戸藩士・加多源次郎(小泉将臣)の思想に共鳴する。彼らは幕府転覆を謀る水戸天狗党の一味だ。甚伍左は洋学を学び、四民平等、議会主義の西欧事情に通じ、娘のお妙(浅野令子)は戦で親を失った孤児たちの世話をしている。

 百姓のための世直しを信じた仙太は、腕がたつため重用され、百姓の募兵に尽力する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る