コトブキツカサ
著者のコラム一覧
コトブキツカサ映画パーソナリティー

1973年、静岡県生まれ。映画パーソナリティー&映画心理カウンセラー。有働由美子、マツコ・デラックスと同じナチュラルエイトに所属。ハリウッドのエピソードから心理まで多角的に作品を網羅。水道橋博士も信頼を寄せる映画専門家。

長瀬智也に薦めたい青春映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」

公開日: 更新日:

 芸能界の一大勢力、ジャニーズ事務所のタレントの退所が相次いでいます。TOKIO長瀬智也さんも3月末をもって退所しましたが、他のタレントたちと大きく異なるのは事務所を辞めただけでなく芸能界を引退したこと。決して仕事が目減りしたわけでもなく、タレントとしても俳優としても活躍していたにもかかわらず、およそ30年間の芸能生活に終止符を打ち、今後は“裏方として働く”と宣言したのです。

 そんな長瀬氏に今回処方したい映画は「エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に」です。

 舞台は1980年のアメリカ・テキサスの名門大学野球部で、部員たちが共同で暮らす一軒家に引っ越してきた新入生たちが大人になる過程を描いた青春映画。監督はアカデミー賞でも主要部門にノミネートされた「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレーターで、本作は「6才のボクが――」の続編的な物語です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る