SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

進撃の巨人がコロナ禍に完結した意味 絶望を100%描き切る

公開日: 更新日:

 11年7カ月にわたって連載が続いてきた「進撃の巨人」が、6月9日発売の第34巻をもって完結した。作者・諫山創(いさやま・はじめ)氏の出身地である大分県日田市では、巨人をかたどった空容器回収ボックスが日田駅前に設置されるなど、盛り上がりを見せている。

 筆者自身も、連載当初から「進撃の巨人」の世界観にのめり込んだ一人である。

■誰もが死に得る世界観

 塀の中で暮らす主人公たち。突如襲ってくる、謎多き存在である"巨人"。残酷に死んでいく人間たち。何もかもが謎で、だからこそ恐ろしく、そして面白かった。

 進撃の巨人によって人生に影響を受けた人も少なくない。

「物語において、主人公級の人物は、まず死にません。死なせられません。しかし、『進撃の巨人』では、主人公のエレンをはじめ、ミカサやアルミン、そして同期の104期生を含めた誰しもが死と等距離にあります。登場人物たちがここまで死にゆく漫画は、もしかしたら『進撃の巨人』が最初で最後なのではないかと思うほど。明日死ぬかもしれない。それはまさに、現実の生そのものです。だからこそ、生きることが生々しく、より迫力を伴って響いてくる。残酷であるがゆえに先のまったく読めない世界は、早く濃霧が晴れてほしいと願う我々読者をして怒涛にページをめくらせ、果ては知人に『進撃の巨人』を推奨せしめるのだと思います」(35歳・イラスト制作会社男性)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る