SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

益若つばさが避妊リング装着公表 根拠なき偏見に思うこと

公開日: 更新日:

 モデルの益若つばさ(35)が避妊リング(ミレーナ)を子宮内に入れたことを6月8日、自身のインスタグラム、ユーチューブにて公表した。それに伴い、多くのさまざまな反響があった中で、やはり理解のないコメントも多いという。

 避妊リングという名前に、ギョッとした人もいるかもしれないが、避妊リングは避妊目的だけでなく、生理痛や月経困難症などにも効果があり、2014年から「過多月経」「月経困難症」の場合には、保険適用されるようになった。それにもかかわらず、言葉のイメージだけで偏見を抱いている人も多いように感じる。

 ネット上でも<避妊リングというネーミングが悪いと思う><避妊リングなんて便利なものがあるんだ!って勘違いする男多そう><会社でやりたい放題じゃん!って言われました>などとリアルな女性の声が散見された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る