城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

深田恭子、熊田曜子…円満復帰は事務所の腕の見せどころ

公開日: 更新日:

 このところ、心配というか気になる女優サンの動きが続いた。

 深キョンこと深田恭子(38)と熊田曜子(39)の同学年の2人だ。内容についてはまったく違うが、今後がどうなっていくのか、方向性や結論にしばらく時間がかかると思われる。こんなときこそ、所属しているプロダクションの真価が問われると思うのだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

 深田が所属しているのは、言わずと知れた大手中の大手、ホリプロだ。僕の中でもホリプロのイメージは一流企業で、多くの関連会社を持つ一大グループという印象が強い。タレントのマネジメントはもちろんだが、映画、舞台、音楽、テレビ番組の企画・制作をする、それぞれの会社がある。そしてキチンとした広報の担当者がいて、僕らはこの担当と接することが多いのだが、できるだけ丁寧に事実関係を伝えようとしてくれる。

 だからこそ、深田の現在の状況について、「適応障害で7月期のドラマを降板、療養に入って期間はわからない」と正直なところを発表したのだろう。深田恭子はビッグネームであり、連続ドラマに出演すれば必ず視聴率を稼ぐ女優であり、ホリプロにとっても大きな功労者である。昨年の春から体調を崩しがちだったところを、様子を見ながら今回の決定をしたということだろう。長く仕事を続けていく間には、当然のことながら体調を悪くしたり、メンタル面も含めてやる気を失うことがあって当然。ホリプロは会社としての余裕もあるので休養を受け入れられる。ファンはゆっくり待てば大丈夫と言っていいだろう。

暴露合戦は2人のためにも、お子さんのためにもならない

 一方、熊田の方は離婚問題だ。夫が熊田に対する暴力行為で逮捕され、先月20日に釈放された。熊田は被害届を取り下げていないのが現状で、それだけでも離婚の方向で動いていることがわかる。その後、夫の反論や言い分が週刊誌に出たり、熊田側の再反論も取り上げられたりもしたが、そもそも離婚は双方に言い分があるのだから、どこまで本当なのか、どちらも自分に甘く相手に厳しい物言いになる。罵り合い、暴露合戦はどちらのためにも、またお子さんのためにもならない。

 熊田の事務所もその昔いろいろ連絡を取ったこともあって、キチンと対応してくれる事務所だ。今後は弁護士同士の話し合いになり、事務所がイメージを壊し合うことを避けさせるだろう。

 火の粉は出ても、山火事の延焼は抑える。2人の女性をどういう形で円満復帰させるのか、プロダクションの腕の見せどころということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る