小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

公開日: 更新日:

 地上波GP帯の“夏ドラマ”が出そろった。初回の世帯視聴率では「緊急取調室」(テレビ朝日=木曜夜9時)が14.7%、「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS=日曜夜9時)が14.1%、「ナイト・ドクター」(フジ=月曜夜9時)が13.4%でトップ3だ(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

「TBS日曜劇場とフジ月9との“医療モノ被り”は、どちらも好調。テレ朝木9の刑事モノもシリーズの強みを維持。一方、世帯視聴率では不利とされている“ラブコメ対決”となったフジ火9とTBS火10はどちらも苦戦しています」(テレビ誌ライター)

 ラブコメと言えば、7日発売の女性誌「an・an」でヌードを披露した中島健人(27)と小芝風花(24)がW主演の「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系=火曜夜9時)は初回から8%に届かず。キュンキュン路線で成功しているTBS火10枠で、二階堂ふみ(26)が初主演となる「プロミス・シンデレラ」もしかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る