小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

公開日: 更新日:

 地上波GP帯の“夏ドラマ”が出そろった。初回の世帯視聴率では「緊急取調室」(テレビ朝日=木曜夜9時)が14.7%、「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS=日曜夜9時)が14.1%、「ナイト・ドクター」(フジ=月曜夜9時)が13.4%でトップ3だ(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

「TBS日曜劇場とフジ月9との“医療モノ被り”は、どちらも好調。テレ朝木9の刑事モノもシリーズの強みを維持。一方、世帯視聴率では不利とされている“ラブコメ対決”となったフジ火9とTBS火10はどちらも苦戦しています」(テレビ誌ライター)

 ラブコメと言えば、7日発売の女性誌「an・an」でヌードを披露した中島健人(27)と小芝風花(24)がW主演の「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系=火曜夜9時)は初回から8%に届かず。キュンキュン路線で成功しているTBS火10枠で、二階堂ふみ(26)が初主演となる「プロミス・シンデレラ」もしかりだ。

「特にラブコメの場合、キャストの組み合わせが初回の数字に影響します。前クールの石原さとみ×綾野剛の『恋はDeepに』が10%台、川口春奈×横浜流星の『着飾る恋には理由があって』が9%台でしたから、それより2%低いという数字だけ見れば一般視聴者からの引きが弱かったのかなという印象。ですが、2話以降の数字の動きは、ストーリー展開がどれだけ支持されたかを示すので、我々は2話の数字に注目します」(エンタメ誌編集者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”