一雫ライオンの長編小説「二人の嘘」が重版出来!「完璧な女性の転落物語。でも…」

公開日: 更新日:

 作家・一雫ライオンの最新小説「二人の嘘」が評判になっている。6月下旬に発売になるやたちまち重版出来。出版界の名物編集者で幻冬舎の見城徹社長もSNSで「ぐいぐいと小説世界に引き込まれる。小説を読む快感を久しぶりに味わっている」と絶賛している。

 主人公は「十年に一人の逸材」といわれる美貌の女性判事、片陵礼子。そして礼子が懲役刑に処した元服役囚の蛭間隆也。交わることのない2人の運命が交錯した時、悲劇が始まる――。

 読んで圧倒されるのはその描写力だ。法廷内、裁判官の日常、礼子が住む荻窪の街並み、人間関係の襞……。家庭では完璧な妻を演じる礼子が蛭間と出会うことで封印していた感情をどんどん揺さぶられる。

「担当編集と話す中で、女性判事を主人公にしようと決めました。完璧な女性が不倫でどんどん転落していくという物語です。裁判の傍聴もしましたし、元裁判官や弁護士にも話を聞いて参考にしました。裁判官は一体どこにいるんですか? って聞くと、普通にカバンを抱えて丸ノ内線に乗って霞が関まで通勤しているとか(笑い)。慣行としてマイカーは持たないとか知らないことばかりでしたが、自身が裁判官であることを公にはできないし、テレビのニュースや週刊誌を見聞きすることで自身の感情に流されることを避けるために外部の情報を遮断することもあるなど、厳しく自分を律していることも知りました」

不倫が似合う金沢の街

 物語は終盤、北陸・金沢へとその舞台を移す。礼子の複雑な生い立ち、逃避行を重ねる2人の結末は……。

「金沢の人には怒られるかもしれませんが、とにかく色っぽい街で大人の恋、不倫が似合うんです(笑い)。今のご時世は不倫というだけで断罪されてしまいます。でも、許されない恋だからこそ純愛だと思うんです」

 構想5年、執筆2年。「担当編集の“うまい小説ではなく、すごい小説を預かりたい”という言葉に応えるために書きました」という「二人の嘘」。小説を読むのは久しぶりという大人にこそおすすめ。忘れていた五感が甦る極上の時間を保証する。

▽ひとしずく・らいおん 作家。1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」を出版。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった