片瀬那奈の同棲相手が逮捕の裏で…日テレ「シューイチ」は打ち切りピンチを乗り越えた

公開日: 更新日:

 同棲していたIT企業「クリッチ」前代表取締役社長・岡田英明容疑者(39)が警視庁にコカイン所持の麻薬取締法違反で逮捕された女優の片瀬那奈(39)。片瀬も尿検査を受けていたことなど、驚愕の事実が「週刊文春」で報じられてしまったが、同誌によると、岡田容疑者と片瀬は同棲先で友人たちを集めて“ドラッグパーティー”を開催。片瀬は今年の3月まで日本テレビ系の情報番組「シューイチ」の総合司会を務めていたが、土曜夜からパーティーを始めて日曜朝までノンストップでお酒を飲み、徹夜のまま日テレに行くこともあったというから呆れるしかない。

「局の入り時間が早いにもかかわらず、めちゃくちゃテンションが高い時があったが、記事を読んで納得です」(番組関係者)

 片瀬の後任は同局の徳島えりかアナ(32)が務め、タレントの中山秀征(54)とコンビを組んでいるが、片瀬の番組卒業はギリギリのタイミングだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった