佐々木希が“棒読み演技”脱却し女優開眼 その先に見える「離婚」の現実味

公開日: 更新日:

 9月20日に東京公演の千秋楽を迎えた舞台「酔いどれ天使」。窪田正孝(33)が主演をドタキャン、桐谷健太(41)に交代するゴタゴタもあったと報じられたが、いざ幕が上がって業界の注目を最も集めたのは、佐々木希(33)なんだとか。

「佐々木さんは、どのドラマに出ても〈棒読み〉なんて厳しい声がネット上で飛びがちでしたが、『酔いどれ天使』では女優として成長したともっぱらなんです」(興行関係者)

 佐々木が演じるのは、戦後闇市の“顔役”である松永(桐谷)と同郷の幼なじみで、居酒屋で働く“ぎん”。戦争で足を負傷し、歩く際には杖が手放せないという設定だ。衣装は地味な柄の着物のみ、髪形は“サザエさん風”のくるくるパーマで、前髪を上げておでこを見せている。

 実際に観劇したという芸能ライターのエリザベス松本氏は「地味な衣装でも、佐々木さんが舞台に登場した瞬間からパッと場が明るくなる華はさすがだな、と。演技については、まったく期待していませんでしたが、見終わった後には〈もう今までの佐々木希ではない〉という気持ちに。誰が見ても分かるぐらい、各段に演技が上達されたと思います」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

    トイレに隠しカメラ7台、盗撮画像はスマホ640台分!知人女性も狙われた27歳大学生の性癖

  2. 2
    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

    エンゼルス大谷の活躍にメジャーで「二刀流転向」希望者が続々

  3. 3
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  4. 4
    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

    <68>早貴被告のAV出演歴はなぜ分かった…写真でしか見たことない女性をどう発見?

  5. 5
    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

    定年後に住むなら「持ち家」か「賃貸」か…どっちが得?

もっと見る

  1. 6
    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

    知らないと月3万円を損する年金世帯の暮らし方 要介護の親と同居の現役世代も必読

  2. 7
    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

    日本製鉄「呉製鉄所」閉鎖で職を失う従業員は約1500人 呉市の税収にも大きな影響が

  3. 8
    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

    極貧打・V逸巨人の仁義なき大補強! “強奪標的”は好物の中日優良助っ人「主砲ビシエド」

  4. 9
    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

    33歳で「英国で最も若いおばあちゃん」に! 17歳の娘が女の子を出産

  5. 10
    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも

    岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも