前田敦子“孤高の姫”からの卒業!長谷川京子、篠原涼子らと「シンママ同盟」で新境地

公開日: 更新日:

 女優の前田敦子(30)が「11月10日は『ヒートテックの日』宣言&ギフトキャンペーン発表会」に登場した。

 ヒートテックについて「朝、まず探します。極暖と薄いのと2枚重ねとか」と愛用エピソードを披露。キッズ用もあると聞き「知らなくて、今日感動しました。『こんな小さいのあるんだ』って。今年から着させます!」とすっかりママの顔。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 前田は4月に勝地涼(35)との離婚を発表。現在は両親と2歳の長男と暮らしているが、勝地がバラエティー番組で前田から離婚について「ネタにしてきな」と言われたと明かすなど、元夫との関係は良好。元AKBの板野友美(30)の出産を篠田麻里子(35)と祝う様子などもSNSにアップされ、絶対的エース時代に「孤高の姫」といわれていた“気難しいあっちゃん”のイメージは一新。

隠す必要がない強さ

 先月離婚を発表した長谷川京子(43)とも親交があり、女性週刊誌では同じく7月に離婚した篠原涼子(48)と3人の“ホットなシンママ同盟”成立かとも報じられている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「前田さんは結婚、出産、離婚、事務所独立を経験し、子供や夫など自分の思い通りにならない生活を経て、人を受け入れられるようになったのでは。おかげで人の輪も広がり、女優として仕事の幅もさらなる広がりが期待できる。シンママの皆さんは、離婚を機に隠すことがなくなり、吹っ切れて奇麗になる。自分の道を生きていく気楽さの半面、1人で生計を立てていかなければならない覚悟が彼女たちを輝かせています。長谷川さんも胸があらわになりそうなファッションで日々の生活を発信していますが、こうしたSNSという発信の場があることも自分らしくいられる要因になっています」

 ドロ沼離婚協議中の熊田曜子(39)も早く“シンママ同盟”に参加したいのではないだろうか。 

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う