前田敦子“孤高の姫”からの卒業!長谷川京子、篠原涼子らと「シンママ同盟」で新境地

公開日: 更新日:

 女優の前田敦子(30)が「11月10日は『ヒートテックの日』宣言&ギフトキャンペーン発表会」に登場した。

 ヒートテックについて「朝、まず探します。極暖と薄いのと2枚重ねとか」と愛用エピソードを披露。キッズ用もあると聞き「知らなくて、今日感動しました。『こんな小さいのあるんだ』って。今年から着させます!」とすっかりママの顔。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 前田は4月に勝地涼(35)との離婚を発表。現在は両親と2歳の長男と暮らしているが、勝地がバラエティー番組で前田から離婚について「ネタにしてきな」と言われたと明かすなど、元夫との関係は良好。元AKBの板野友美(30)の出産を篠田麻里子(35)と祝う様子などもSNSにアップされ、絶対的エース時代に「孤高の姫」といわれていた“気難しいあっちゃん”のイメージは一新。

隠す必要がない強さ

 先月離婚を発表した長谷川京子(43)とも親交があり、女性週刊誌では同じく7月に離婚した篠原涼子(48)と3人の“ホットなシンママ同盟”成立かとも報じられている。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「前田さんは結婚、出産、離婚、事務所独立を経験し、子供や夫など自分の思い通りにならない生活を経て、人を受け入れられるようになったのでは。おかげで人の輪も広がり、女優として仕事の幅もさらなる広がりが期待できる。シンママの皆さんは、離婚を機に隠すことがなくなり、吹っ切れて奇麗になる。自分の道を生きていく気楽さの半面、1人で生計を立てていかなければならない覚悟が彼女たちを輝かせています。長谷川さんも胸があらわになりそうなファッションで日々の生活を発信していますが、こうしたSNSという発信の場があることも自分らしくいられる要因になっています」

 ドロ沼離婚協議中の熊田曜子(39)も早く“シンママ同盟”に参加したいのではないだろうか。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま