SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

陣内智則の郵便局コント炎上は“非実在型”だった! クレームを無視していいケースも…

公開日: 更新日:

 11月3日、陣内智則(47)が『エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP』(日本テレビ系)内で披露したネタが炎上したとして、自身のYouTubeチャンネルで釈明動画をアップした。番組は10月16日に放送され、コントの内容は陣内扮する郵便局員が暇を持て余し、手紙を読みながら笑いを展開していくというものだった。これに対し、<郵便局をバカにしてる>〈勝手に手紙を開封するのは刑法133条の信書開封罪にあたる〉<犯罪もお笑いで茶化して犯罪誘発 こんなネタ許されない>という批判コメントが寄せられたそうだ。

 しかし陣内のYouTubeのコメント欄には<ネタと現実の区別つかない人だらけになったら、娯楽がどんどん無くなっていく><ネタをネタとして楽しめない人増えすぎて嫌な時代になったな><絶対ありえないって分かってるから面白いのに>といった、コントへの擁護と応援の声が相次いでいる。

 どうやら、陣内のコントは実際には炎上していなかったらしい。どういうことなのか。ネットリテラシー専門家の小木曽健氏に話を聞いた。


「今回は『非実在型炎上』と呼ばれ、実際には炎上してなかったのに、本人が謝罪した結果、炎上の事実が作られてしまったパターンのような気がします。おそらく、しつこく粘着してクレームをつけてくる人がいて、本来ならそんなものは無視すればよいのですが、ネットは批判が極端に目立つ場所なので、陣内さんとしては判断が難しかったのではないかと思います。まともな感覚の持ち主は、あのコントを見て『これはダメだろう』とは思わない。ただ、そういった人たちは、わざわざ『これはダメではない』などとネットに書いたりしません。書くのは、あのコントに何か文句を言いたくなるような、非常に変わった感性の方々だけ。SNSで一部の人たちが好き勝手に暴れまくり、それらにまじめに対処してきた結果、表現の世界が必要以上に委縮してきている。今回の出来事はまさにその表れのような気がしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾