城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

NHK紅白歌合戦の最低視聴率は音楽・テレビ・マスコミの3業界に衝撃を与えた

公開日: 更新日:

 昨年末のこのコラムで「NHK紅白は、いよいよそれ自体を考え直す時機に来た」と書いたが、まさにその大みそか紅白の世帯視聴率が34.3%(第2部)と史上最悪となった。

 これまでにも紅白の「終わりの始まり」という言葉を耳にしたことはあったが、それをひしひしと感じることとなった。

 では紅白の低視聴率の陰で、裏番組の数字が上がったのかといえば、そうではない。例年、対抗馬として扱われた日本テレビ系「笑ってはいけない」シリーズが放送されなかったこともあり、目立った番組はなかったと言ってもいいだろう。改めて“テレビ離れ”の加速を印象付けた。

 これまでの当たり前、習慣の崩壊は多方面にも及ぶ。まずは、音楽業界。CDの売り上げが低迷して久しいが、レコード会社が行う演歌歌手のリストラはもう20年にもなる。ところが、今や演歌に限らずCD自体が売れない。若い世代はネットで音楽を入手するのが当たり前で、CDはアイドルやアニメグッズの“おまけ”に付けて売っているという状況だ。レコード会社のプロデューサーに聞けば、「360度ビジネスで、グッズ販売などあらゆる権利関係で商売しなくてはならない。新しい事業を考えろと上からせっつかれる」そうだ。もちろん多くの人に受ける、良い楽曲を作るのは当然であって、その上での話だ。レコード会社が音楽だけやっていればいい時代は終わった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避