吉田隆
著者のコラム一覧
吉田隆記者、ジャーナリスト

1984年に写真週刊誌「FRIDAY」の創刊準備メンバーとして専属記者契約を結ぶ。87年の大韓航空機爆破事件では、犯人の金賢姫たちが隠れていたブダペストのアジトを特定、世界的に話題となる。初代「張り込み班チーフ」として、みのもんたや落合博満の不倫現場、市川染五郎(現・松本幸四郎)や石原慎太郎の隠し子、小渕恵三首相のドコモ株疑惑などジャンルを問わずスクープ記者として活躍。

<137>計算書も何もない簡素な「合意書」に手数料300万円の不可解

公開日: 更新日:

 佐山さんが連れてきた弁護士は、早貴被告の代理人であるUとFだった。田辺でお店を営むFさんは、2018年9月18日の午後、彼ら3人と話し合いの場を設けた。会社員をしているFさんの50代の息子も同席できるように時間を設定した。

「それでFという弁護士さんが『合意書』と書かれた一枚の紙を出してきて、説明し始めたんです。そこにはアプリコの社印、そして代表に就任した早貴さんのハンコも押印してありましたが、弁護士の名前はありませんでした。『計算してみると返還金は1000万円少しで、700万円であれば明日にでも振り込みます』と言われ、残りの300万円は手数料ということでした。

■手数料は300万円?

 野崎幸助さんからは過払い金は1500万円だと聞いていたので金額が違っているなと思いましたが、説明では500万円分は時効になっているとのことで、1000万円少々が総額だということだったんです。そこには計算書も付いていないのでおかしいとは思いましたが、私は過払い金のことや時効には詳しくないし、アプリコに毎月支払っていた書類も全部は残していなかったので、まあ、そんなもんかなと思ったんです。それに社会的地位の高い弁護士さんが、まさかごまかしたり騙したりすることはないだろうと思いました。ただ、『抵当権抹消をしてもらわないと困る』と言ったら、『すぐにやりますから大丈夫です』と答えられたので、ハンコを押したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”