石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

公開日: 更新日:

 タレントの石田純一(68)が昨年末、3億円の自宅を売却していたことが報道で明らかになった。

 売却の理由は、今年、長女が進学する有名小学校のルール「自宅から学校まで徒歩30分」圏内に合わせた転居だという。新居は、都内の高級住宅街にある、築20年、地上2階、地下1階、300平方メートル、月150万円の戸建て賃貸。買い替えではなく賃貸への“引っ越し”には、やはり石田の“やらかし”で仕事が激減した影響は否めないだろう。

 緊急事態宣言下の沖縄渡航、コロナ感染、それでも懲りずに飲み歩きが報じられ、昨年末の週刊誌の直撃インタビューでは「仕事ゼロ」「家庭崩壊宣言」をしたことも話題に。

 妻の東尾理子(46)とも最近では必要最低限の会話しかしなくなったと明かし、無職の石田に代わり、理子が一家の大黒柱になりつつあるようだ。

「パラサイトではイメージが崩れ、今後の仕事にもつながらない」

 17日、娘・すみれ(31)のSNSには石田の誕生日を家族で祝う姿がアップされていたが、芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「石田さんの家庭での大黒柱の交代は絶対NGです。なぜかといえば石田さんを中心とした現ファミリーに、すみれさん、いしだ壱成さん、義父の東尾修さんを加えた複雑な家族関係でもバランスを取って仲良く過ごしていることが石田さんのタレントとしての価値。奥さんのパラサイトでは石田さんのイメージが崩れ、今後の仕事にもつながりません。今の石田さんは事業も映画製作も全て中途半端状態。むしろ『お金はないけど、これをやります』と宣言した方がイメージが守られ、起死回生できるはず」

 コロナ禍前はイベント出演だけで年間1億円稼いでいたという石田。自業自得とはいえ、パラサイト生活から脱却できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?