「笑点」司会者になって6年…「宮治君みたいな若い人が年寄りに絡む面白さ」

公開日: 更新日:

 昇太がこの連載に登場するのは2度目で、最初は6年前であった。掲載中に「笑点」の新司会者に決まったのだ。

「もう6年たちますか。実を言うと、僕は司会者より、回答者の方が好きだったんです。自分のことだけ考えてればいいから。面白い答えで受けるのが楽しかったし。司会だとそうはいかないでしょ。それで最初のうちは楽しくなかった。2年くらいたってからですか、メンバーの答えにリアクションしたり、つっこんだりするのが楽しくなってきたのは。先輩の師匠方がどんどん年を取ってきて、それがまた面白いんですよ」

 確かに、木久扇を筆頭に好楽、小遊三、円楽と急速に高齢化が進んでいる。

「たとえば、小遊三師匠が下ネタを言っても、若い頃は生々しかったのが、年取ると何を言っても許せちゃうでしょ。罪がない感じがとっても面白い。そこに宮治君みたいな若い人が入ってきて年寄りに絡むと、また違う面白さが出てくる」

レギュラー入りを願っている?

 宮治は評判がいいようだが。

「とってもいいですよ。周りをちゃんと見られる人です。座る位置が好楽師匠の隣なので、ツッコミを入れると、これが面白い」

 このところ円楽が療養中で、週替わりでゲストが出ているが、対応はどうなのか。

「やっぱり気を使わなきゃいけません。ただ、付き合いが長い方は気が楽で、市馬(柳亭)兄さんの時は楽でした。竹丸(桂)兄さんの時なんかはもっと気楽で、いつも飲み屋で交わしてるようなやりとりでしたね。学生時代からの付き合いですので」

 昇也は、BS日テレ「笑点特大号」の若手大喜利のメンバーである。

「他のメンバーが脱線した時、本線に戻す役です。入ってすぐ、ディレクターさんに、『おいしくない役割だけど、必要不可欠な存在だから』と言われて納得しました」

 やはり本家のレギュラー入りを願っているのだろうか。

「はい。入れるものなら入りたいです」

 正直に目を輝かせた。  =つづく

(聞き手・吉川潮)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾