三遊亭好楽さん 一抱えほどもある大鍋で作っていた団子汁

公開日: 更新日:

落語家・三遊亭好楽さん(72)

「あの団子汁、また食べたいよなあ」

 兄弟子たちがね、ことあるごとにこう言うんですよ。「本当にうまかったよ、お母さんの団子汁。今でも夢に出てくる」って。こうまで言ってもらえて、8年ほど前、96歳で亡くなったおふくろも草葉の陰で喜んでると思います。

 アタシんちの名物料理の団子汁は物心ついた頃からおふくろが一抱えほどもある大きな鍋でよく作ってくれました。実は熊本の郷土料理だそうです。熊本県大津町出身の両親にとっては故郷の味です。それぞれの家庭で作り方が違い、団子汁のネーミング通り、よく練ったうどんを麺棒で延ばさないで、指で適度な大きさにちぎって鍋に放り込んだっていい。ウチは団子とはいっても、きしめんを少し太くしたうどんでした。

 我が家は8人きょうだい。アタシは46年8月6日、巣鴨プリズンと呼ばれた巣鴨拘置所の近所、豊島区西巣鴨1丁目(現・東池袋5丁目付近)で、上から6番目の四男に生まれました。ところが、5歳の時、末っ子が生まれて間もなくでした。警視庁の警部だった親父が急死しまして、さあ大変。おふくろはいくつかの仕事を掛け持ちし、高校2年の長女が都庁でアルバイト。他のきょうだいも新聞配達で家計を助け、アタシも小3から中学卒業まで手伝ってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る