三遊亭好楽さん 一抱えほどもある大鍋で作っていた団子汁

公開日: 更新日:

落語家・三遊亭好楽さん(72)

「あの団子汁、また食べたいよなあ」

 兄弟子たちがね、ことあるごとにこう言うんですよ。「本当にうまかったよ、お母さんの団子汁。今でも夢に出てくる」って。こうまで言ってもらえて、8年ほど前、96歳で亡くなったおふくろも草葉の陰で喜んでると思います。

 アタシんちの名物料理の団子汁は物心ついた頃からおふくろが一抱えほどもある大きな鍋でよく作ってくれました。実は熊本の郷土料理だそうです。熊本県大津町出身の両親にとっては故郷の味です。それぞれの家庭で作り方が違い、団子汁のネーミング通り、よく練ったうどんを麺棒で延ばさないで、指で適度な大きさにちぎって鍋に放り込んだっていい。ウチは団子とはいっても、きしめんを少し太くしたうどんでした。

 我が家は8人きょうだい。アタシは46年8月6日、巣鴨プリズンと呼ばれた巣鴨拘置所の近所、豊島区西巣鴨1丁目(現・東池袋5丁目付近)で、上から6番目の四男に生まれました。ところが、5歳の時、末っ子が生まれて間もなくでした。警視庁の警部だった親父が急死しまして、さあ大変。おふくろはいくつかの仕事を掛け持ちし、高校2年の長女が都庁でアルバイト。他のきょうだいも新聞配達で家計を助け、アタシも小3から中学卒業まで手伝ってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る