元芸能リポーター井上公造氏が念願の「徹子の部屋」出演! ガチガチ大緊張で取材逸話語る

公開日: 更新日:

 今年3月いっぱいで、36年の芸能リポーター生活にピリオドを打った井上公造氏(65)が、5月26日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した。

 さまざまな番組に出演してきた井上氏にとって一つだけ心残りだったのが、「徹子の部屋」から声がかからなかったことだっただけに、今回の出演を小躍りして喜んだとのこと。

 黒柳を前に緊張の面持ちの井上氏は、これまでで一番印象に残ったという美空ひばりのレコーディングについてや、勝新太郎とのエピソードなどを披露。六本木のそば屋で偶然遭遇した勝に連れられ、銀座のクラブなどを7軒飲み歩き、計1000万円の会計を勝がキャッシュで済ませ、残金がなくなったため、井上氏がタクシー代を勝に貸したエピソードなど、昭和の大スターの豪快話は、最後の大物芸能リポーターならではといったところだろう。

「レギュラー番組9本を抱えていた井上さんは、激務による体調不良を理由に芸能リポーター引退を決意したということでしたが、自身でも『出る幕がなくなった』と話しているように、芸能人自らがSNSで発信できる時代になったことも、引退の大きなきっかけになったようです。1980~1990年代にワイドショーが全盛期を迎えたのは大スターの存在があってこそでしたが、今では全世代が知るような大物芸能人は少なくなり、若者を中心にユーチューバーに取って代わるなど、芸能界やマスコミのあり方も変わってきています。ネット主流の今、芸能人といえども不倫などをテレビでスキャンダラスに報道するのをよしとしない風潮も、芸能リポーター不要論を加速させたように思います」(テレビ制作会社関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾