本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

憔悴しきったナイナイ岡村君を救った相方・矢部君の「公開説教」

公開日: 更新日:

ナインティナインの巻(5)

 2010年7月に岡村君が体調不良で約5カ月間の休養を余儀なくされ、一時は再起不能説まで飛び交いましたが、自分ひとりでなにもかも背負い込まない“ポンコツ宣言”をして、見違えるように明るくなり、無事復帰。順調に時は流れましたが、20年4月、コロナ禍の不適切発言で総バッシングに遭うことになりました。

 来るメール来るメール、関係のない私にまで「本当にすいません。すいません」と謝罪の言葉が並び、本人が追い込まれている感じがひしひしと伝わってきました。マネジャーには「しばらく目を離さんように見てやってね」と連絡を入れながらの毎日でした。

 この時に憔悴しきった岡村君を文字通り救ってくれたのが相方・矢部君でした。オールナイトニッポンで「公開説教」という形で、こんこんと説教をして、叱咤激励をしながらも守り通してくれた矢部君に「コンビ・相方ってありがたい存在だな」と改めて感じました。

 コンビですから、どちらか1人がかけてもここまでやってこれなかったでしょうが、この時の岡村君は矢部君によって本当に救われました。病気休養があったとはいえ、脇目もふらずに長年走り続けた結果生じた、コンビ間の溝、行き違い、見えなくなっていたものをこの時期に一気に取り戻していってくれたと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず