「タッキー派」結成でジャニーズベッタリだったスポーツ紙の“手のひら返し”が始まった!

公開日: 更新日:

 激震の走った1週間だった。ジャニーズ事務所は11月1日に副社長の滝沢秀明氏の退社、4日に人気グループKing & Princeから3人の脱退を発表し、ほとんどのスポーツ紙が1面で取り上げるほどの大ニュースとなった。ただ、プロ野球メジャーリーグなどを中心に報道する"スポーツ紙"の主な読者層は男性であり、ジャニーズ関連のニュースに興味を持つとは想像しにくい。

「ジャニーズを1面にする理由は2つあると思います。普段手を伸ばさない女性たちが買ってくれるので、駅やコンビニでの売り上げが少し上がるという期待があるのでしょう。もう1つは、新聞社は他社が一斉に扱っている大ニュースを1社だけ報道できない"特オチ"を異常に嫌います。横並び体質がある。キンプリ脱退のニュースを報じた日も全ての朝刊スポーツ紙に羽生結弦の折り込み写真があった。1社だけ取り残されたくないという思いがすごく強い。ジャニーズ事務所は今までその心理を巧みに突いてきました」(芸能記者)

 スポーツ紙には滝沢氏の退社の翌日に『HiHi Jets』、『美 少年』、『少年忍者』らジャニーズJr.の新春舞台について、キンプリ3人脱退の翌日には残留するメンバーの永瀬廉の声優デビューの話題が同時に掲載されていた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント