芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

有村架純「新CM女王」に…長澤まさみ&新垣結衣に肩を並べ、吉永小百合に迫る

公開日: 更新日:

 有村架純(29)のCM出演料が長澤まさみ(35)や新垣結衣(34)と肩を並べたのではないかと、広告業界で話題になっている。

 現在、CM出演料のランキングでトップは1億円の吉永小百合(77)。次いで長澤、新垣の8000万~9000万円。そして綾瀬はるか(37)と戸田恵梨香(34)が続く。有村は綾瀬や戸田のグループから頭ひとつ抜け出したともっぱらだ。

 有村のCM出演料が伸びた背景に最近の目覚ましい活躍ぶりがある。昨年暮れに「第64回日本レコード大賞」の総合司会を務め、今年3月10日に行われる「第46回日本アカデミー賞」の司会も担当する。極めつきは今年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で嵐の松本潤(39)が演じる徳川家康の正室役を射止めたことだろう。

「有村の正室役が注目を集めるのは、松本が初出演で初座長という“絶対に失敗が許されない大河ドラマ”だからです。NHKとジャニーズ事務所が吟味した末に選んだのが有村でした」(テレビ関係者)

 そんな重責を担う有村だが、現場では気合をみなぎらせている。演出家からOKが出ても「このシーンは今の段取りで本当に良かったのでしょうか?」「もう一度(撮り直しを)しましょうか?」と自らが申し出るくらい積極的だという。

 今回の有村の“外せない大河ドラマ起用”について、大方のマスコミは2017年の朝ドラ「ひよっこ」、13年の「あまちゃん」での活躍と貢献度の高さがNHKに評価されたのが理由とみているようだ。ただ、筆者の知人の芸能プロダクション関係者の視点はちょっと異なる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?