青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

公開日: 更新日:

 平成7年、1995年2月に封切られた映画「写楽」はフランキー堺の企画総指揮の話題作だったが、殺到した芸能マスコミの目当ては主演真田広之(当時34)とヒロイン葉月里緒奈(同19)であった。この作品の共演をきっかけに付き合うようになり、フィリピンで映画のロケ中だった真田の元へと葉月が飛び、2泊3日でたまさかの逢瀬を楽しんでいたことが発覚したのだ。

 このとき真田には女優の手塚理美という妻がいた。しかも第2子を妊娠中ということで、ますます不倫の行方に注目が集まった。

 映画の囲み取材で「ずばり、恋をしていますか」と女性誌の男性記者が質問すると、葉月は潤んだ大きな目で見つめてほほ笑む。それだけで、この記者が真っ赤になってうつむいてしまった。妖艶な、近寄り難い雰囲気をまとっていた。やがて葉月に魔性の女との異名がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

  10. 10

    「静かに死にたい」田村正和が赤裸々に語った“好々爺”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る