ジュリー氏の涙と一部TV局「タレントに罪はない」に大ブーメラン! 非ジャニーズ冷遇の矛盾

公開日: 更新日:

 7日にジャニーズ事務所が性加害問題について会見した後、すぐに男性7人組ダンス&ボーカルグループ「BE:FIRST」がテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演する方向で、同局が最終調整していることが報じられた。

 会見当日、ジャーナリストの松谷創一郎氏が、「『ミュージックステーション』にはジャニーズと競合するグループが出演しにくい状況がいまだに続いています」「これは過去にジャニーズ事務所がMステにかけたプレッシャーに起因すると考えられます」と述べ、「東山さん、ジュリーさんにお聞きします。忖度はこれからも必要だと思いますか?」と質問を投げかける場面があった。

 この問いに対し、新社長の東山紀之(56)、ジャニーズアイランド社長の井ノ原快彦(47)はともに「忖度はなくすべき」という意向を示した。ジャニーズ事務所の言質が非ジャニーズを番組に出演させても良いという大義名分となり、Mステの門扉が開かれた形となったのだろう。裏を返せば、それほどテレビ朝日のジャニーズへの忖度が強かったということになる。

 一方、フジテレビ、テレビ朝日、TBSが「所属タレントに罪はない」という理由からジャニーズ所属タレントの起用を続けると表明。さらに、藤島ジュリー景子前社長(57)が会見中に「一人一人のタレントが本当に努力して、それぞれの地位を勝ち取っているので、そこだけは失望していただきたくないですし、誤解もしていただきたくないです」と涙ながらに語ったことに対し、“非ジャニーズ”のファンからは反発の声が出ている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?