村西とおる監督が藤島ジュリー景子氏に激怒!「北公次の墓前で手を合わせ、全財産を差し出せ」

公開日: 更新日:

“全裸監督”ことAV監督の村西とおる(75)が8日、阿佐ケ谷ロフトA(東京・杉並区)で「村西とおるトークライブ ジュリー景子社長を撃つ!」を開催。ジャニーズの性加害問題への対応について怒りをあらわにした。

 監督にとってジャニーズ事務所は因縁の相手。1988年当時、村西監督が率いていたダイヤモンド映像の専属女優が田原俊彦と関係を持ったことで、ジャニーズ事務所と敵対関係にあった。ジャニーズ事務所の副社長でジャニー喜多川氏の実姉のメリー喜多川氏と娘の藤島ジュリー氏、そして広報担当の白波瀬傑氏は、テレビ局や出版社を通じて、監督サイドに強烈な圧力をかけてきたという。

 怒った監督は「ジャニーズ事務所(秘)情報探偵局」を開設。「元フォーリーブスの北公次がジャニー喜多川と同棲していた」という情報を掴む。そして「フォーリーブス」解散後、落ちぶれていた北公次を見つけだし、復活への支援を申し出る。それが1988年に出版されたジャニー氏の性加害告発本「光GENJIへ」(北公次著・データハウス)につながった。

 その本のゴーストライターと「映像版 光GENJIへ」の監督を務めたのがノンフィクション作家の本橋信宏氏だった。本橋氏は、先月「僕とジャニーズ」(イースト・プレス)を上梓し、その当時の内幕を描いているが、映像版は9日放送の「ニュースキャスター」(TBS系)でも取り上げるなど、その存在があらためて注目されている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走