“辞めジャニ”山下智久がてんこ盛り!「ブルーモーメント」で連ドラ2期連続主演の異例

公開日: 更新日:

 山下智久(38)が猛プッシュされている。4月24日に主演連ドラ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)がスタートすることを記念して、現在同局のハッピーアワー枠(昼帯)で「4月は山下智久たっぷり!」と題したキャンペーンが実施中。主演作の「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」全3シリーズ(2008年、10年、17年)、「5→9~私に恋したお坊さん~」(15年)、「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」(09年)、「プロポーズ大作戦」(07年)が順次放送される。民放見逃し配信のTVerでも過去の出演作が4本公開されているが、「コード・ブルー」と「ブザー・ビート」はランキングドラマ部門でベストテン入りしている。

 山下にとって「ブルーモーメント」は、5年ぶりの民放主演作となる。舞台はSDM(特別災害対策本部)で、気象災害で脅かされる人命を守る現場が描かれる。山下演じる主人公・晴原柑九朗(はるはら・かんくろう)は、チーフで気象研究官だ。

 フジのドラマは7年ぶりで、前作は「コード・ブルー」の3rdシーズン。同作は救命救急センターのフライトドクター研修生やドクターヘリ指導医たちを描き、月9枠で初めて医療系が取り上げられた。全シーズンの全話で2ケタ視聴率をキープする大人気作。18年に映画化されると興行収入が93億円となり、同年の邦画でトップに輝いた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント