歌手・市川由紀乃さんは2年連続紅白出場と海外公演が夢「今年80歳になる母を連れて行きたい」

公開日: 更新日:

市川由紀乃さん(歌手/48歳)

 美人演歌歌手として知られ、3月に発売された新曲「ノクターン」も好評で、あの舞台に戻るのが夢だ。これからやりたいこと、今も続けていることを語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 これから実現させたいのは海外公演ですね。その時に、今年80歳になる母(榮子さん)を一緒に連れて行ってあげたい。

 ここ数年はずっと、おかげさまで忙しくさせていただいています。そうなればなるほど母親との時間がなくなっているんです。私には先に天国に旅立った兄がいました。兄には生まれつきの障害がありましたので母親が地方公演に年に何回か来てくれることはあっても、兄の面倒をみなければいけないので、プライベートで旅行に行くことはほとんどありませんでした。

 そろそろ私が歌っている姿を見ながら、ちょっと羽を伸ばしてもらえればと考えるようになりました。それには日本もいいけど、できれば外国で公演をやり、コンサートも見てもらい、その地で思い出もつくる……。それがこれからの歌手人生の一番の目標、夢です。

 台湾とハワイで一度歌ったことがあります。台湾やハワイには演歌、歌謡曲を好きな方が多くて私のユーチューブを見て、「台湾に来てください」とか「ハワイに来てください」とかコメントしてくださる方がたくさんいらっしゃいます。

 台湾に出かけたのはまだ10代の頃です。最初に所属した事務所の社長が鳩レースの協会をやっている人でした。鳩を200羽くらい飼っていたんですよ。鳩の界隈では神様といわれるくらい有名で。鳩のレースのイベントが台湾で行われるというので、私がそのアトラクションで2曲歌うことになりました。

 でも、ステージで2曲歌う以外は外出することもなく、1泊して帰ってきました。今度は母親を連れて行き、台湾のみなさんの前で歌い、触れ合って、ステージが終わってから母親と観光するのもいいかなと。そのために台湾語も覚えてステージで歌いたいと思っています。

 台湾の食べ物も楽しみですが、美容にもとても興味があります。薬膳など健康にいいものや美容グッズ、コスメ……。私は病院に行くことが苦手なので、台湾ではそういうものを体験して健康を維持したいですね。

 ハワイは2018年に「ハワイ日系移民150周年記念 美空ひばり音楽祭」で細川たかしさん、Crystal Kay(クリスタル・ケイ)さんと出演させていただきました。私が17年のNHK紅白歌合戦でひばりさんの「人生一路」を歌わせていただいた縁で呼んでいただきました。場所はホノルルにあるニール・ブレイズデル・センターの中にあるコンサートホールです。ひばりさんの映像を映しながらひばりさんの名曲とオリジナル曲を歌うイベントでした。私は「人生一路」や「みだれ髪」などを歌わせていただきました。

 この時は紅白歌合戦3年連続の出場がかなうかどうかというタイミングでした。それはかないませんでしたが、気持ちを切り替えてハワイに行くことになりました。チケットは売り切れ、すごいお客さまの数でした。その時に、ハワイには演歌や歌謡曲が好きな方が多いんだなと改めて思うことができたんです。

 お客さまの反応も違いましたね。日本なら曲の一番が終わるとワーッと拍手してくださいますが、ハワイでは歌い終わるまでジッと聴いて、歌のストーリーを噛みしめ、終わった瞬間に割れんばかりの拍手をくださる。お国柄の違いですが、あまりの反響にゾクゾクしましたね。ひばりさんの曲だったこともあって、とくにみなさんが受け入れてくれた気もします。

 この時は思い出が2つあります。一つはセンターの前にはエルビス・プレスリーの銅像があってその前で写真を撮ったこと。それからリハーサルが終わって休憩時間に近くのスーパーに買い物に行った時のこと。ハワイ在住の60代くらいのご夫婦が「市川さんですか」と声をかけてくださったんです。まさか外国の地で私を知っている人がいるなんてありえないことと思っていたので、すごくうれしかった。その場で一緒に写真を撮ったりしてはしゃいじゃいましたね。今度はぜひ、母親も連れて行き、ハワイで親孝行がしたいです。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変