だれもが首をひねった 演技派俳優・古尾谷雅人の自殺の謎

公開日: 更新日:

<2003年3月>

 長身で演技派として評判が高かった古尾谷雅人が2003年3月、自ら命を絶った。45歳だった。はたからは順調に俳優人生を送っているとみられていたが、死後、経済的苦境や心の闇が次々に明らかになった。

 25日、午後6時ごろ、外出から帰った妻で元女優の鹿沼絵里(当時50)は夫が寝室から出た気配がないのに気づいた。部屋をのぞいてみると、天井に渡された鉄パイプに空手の黒帯が結ばれており、そこには身長188センチの古尾谷が床につかないように足をくの字に曲げた姿でぶら下がっていた。

 遺書はなかったが、明らかな自殺だった。しかし、だれもが首をひねった。仕事の面でも家庭の面でも順風満帆にみえていたからだ。80年に映画「ヒポクラテスたち」で報知映画賞を受賞して脚光を浴び、90年には「宇宙の法則」で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。90年代後半にはテレビドラマ「金田一少年の事件簿」の警部役が当たり役になり、ファンは確実に広がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る