だれもが首をひねった 演技派俳優・古尾谷雅人の自殺の謎

公開日:  更新日:

<2003年3月>

 長身で演技派として評判が高かった古尾谷雅人が2003年3月、自ら命を絶った。45歳だった。はたからは順調に俳優人生を送っているとみられていたが、死後、経済的苦境や心の闇が次々に明らかになった。

 25日、午後6時ごろ、外出から帰った妻で元女優の鹿沼絵里(当時50)は夫が寝室から出た気配がないのに気づいた。部屋をのぞいてみると、天井に渡された鉄パイプに空手の黒帯が結ばれており、そこには身長188センチの古尾谷が床につかないように足をくの字に曲げた姿でぶら下がっていた。

 遺書はなかったが、明らかな自殺だった。しかし、だれもが首をひねった。仕事の面でも家庭の面でも順風満帆にみえていたからだ。80年に映画「ヒポクラテスたち」で報知映画賞を受賞して脚光を浴び、90年には「宇宙の法則」で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。90年代後半にはテレビドラマ「金田一少年の事件簿」の警部役が当たり役になり、ファンは確実に広がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る