• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

空港で暴行事件から3年…俳優・隆大介が語った悔恨の日々

 2015年3月、台湾・台北の空港職員に対する暴行事件を起こし、現行犯逮捕。当時所属していたプロダクションを解雇された俳優・隆大介(61)が、事件発生から3年。その沈黙を破り、いまだから話せる事件の真相と現在の心境について日刊ゲンダイに激白した。

■役者を続けていいのかと自問自答の3年間

「今も一番申し訳ないと思うのは、怪我をさせてしまった空港職員の方に対してです。立派に職務を全うしようとした方を、僕はトンでもない目に遭わせてしまった」

 巨匠マーティン・スコセッシが遠藤周作の原作を実写化した話題作「沈黙―サイレンス―」(16年)にキャスティングされ、撮影のため訪台した際に起こした不祥事。当時、入国手続きでトラブり、口論ののち、職員を蹴り骨折させたと報じられた。

「その通りです。あの日は一人で台湾に向かったのですが、多忙による睡眠不足で体調を崩していたのに無自覚にも機内食の際にビールを1、2杯飲んでしまい、到着まで爆睡する始末でした。実は空港で足止めされた理由は入国カードを書いていなかったからでした。それを入国審査の際に指摘され、カタコトの英語力で満足なやり取りができず、カッとなって手を出してしまったんです。言い訳のしようがない、120%、私が悪い話。お詫びの言葉もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る