空港で暴行事件から3年…俳優・隆大介が語った悔恨の日々

公開日:

 2015年3月、台湾・台北の空港職員に対する暴行事件を起こし、現行犯逮捕。当時所属していたプロダクションを解雇された俳優・隆大介(61)が、事件発生から3年。その沈黙を破り、いまだから話せる事件の真相と現在の心境について日刊ゲンダイに激白した。

■役者を続けていいのかと自問自答の3年間

「今も一番申し訳ないと思うのは、怪我をさせてしまった空港職員の方に対してです。立派に職務を全うしようとした方を、僕はトンでもない目に遭わせてしまった」

 巨匠マーティン・スコセッシが遠藤周作の原作を実写化した話題作「沈黙―サイレンス―」(16年)にキャスティングされ、撮影のため訪台した際に起こした不祥事。当時、入国手続きでトラブり、口論ののち、職員を蹴り骨折させたと報じられた。

「その通りです。あの日は一人で台湾に向かったのですが、多忙による睡眠不足で体調を崩していたのに無自覚にも機内食の際にビールを1、2杯飲んでしまい、到着まで爆睡する始末でした。実は空港で足止めされた理由は入国カードを書いていなかったからでした。それを入国審査の際に指摘され、カタコトの英語力で満足なやり取りができず、カッとなって手を出してしまったんです。言い訳のしようがない、120%、私が悪い話。お詫びの言葉もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る