だれもが首をひねった 演技派俳優・古尾谷雅人の自殺の謎

公開日: 更新日:

 それだけではない。親族間でのトラブルも持ち上がっていた。自殺の前年、古尾谷の父が亡くなったのだが、遺言でほとんどの財産を継母が相続し、古尾谷と弟が裁判で継母と争っていたのだ。

 これらのことが重なって古尾谷は鬱状態に陥っていたという。家では昼夜逆転の生活を送り、巨人戦を見ては酒浸りの生活。鹿沼が著書「最期のキス」(講談社刊)で明かしたところによると家族に暴力を振るうことも多かったという。

 古尾谷は生い立ちも複雑だった。幼い頃、実母と生き別れ、いわゆるアダルトチルドレン的なところもあった。暴力を振るうことで自責の念にかられた面もあるだろう。

 しかし、それでも古尾谷は生真面目、一本気で知られた。他人には理解できない深い悩みを抱えていたことは想像に難くない。28日に行われた葬儀では、大勢の映画人が参列。今は亡き長門裕之は「俺の老獪(ろうかい)な生き方を教えてやりたかった」と、この生真面目な男の死を惜しんだ。

◇2003年3月3日、大和銀行とあさひ銀行が合併し、りそな銀行が発足。20日、アメリカ・イギリスがイラク侵攻を開始。イラク戦争が始まる。24日、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る