日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泥酔騒動で生涯禁酒宣言した 中川礼二

■2003年3月

 当時、兄弟漫才コンビとして人気急上昇中だった「中川家」の弟こと中川礼二が、酒の席で21歳の女性とトラブルになったのは03年3月。
 4日夜、中川礼二(当時31)は大阪市内の吉本興業本社で記者会見を開いた。報道陣の前で厳粛な表情で深々と頭を下げて謝罪。2月28日未明に広島のバーで女性と揉めたとスポーツ紙などに大々的に報道され、事件の謝罪と活動再開を目的とした記者会見だった。

 事件については「(女性に)ネタをして欲しいと言われたが、今はそんなんええやないかと思って、つい手が出てしまいました。げんこつでコツンと」と説明した。

 実は経緯はこんなことだったという。27日に広島で地元テレビ局の収録を終えた礼二はマネジャーとともに、市内の繁華街の飲み屋をはしご酒した。この時、兄の剛(当時32)はホテルにすでに帰っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事