ASKA事件 栩内被告にテリー伊藤「押尾裁判より下品」

公開日: 更新日:

 次々と明るみになる新事実に出演者も呆れ顔だった。27日放送のTBS「サンデージャポン」で、タレントで医師の西川史子(43)が、覚せい剤事件の渦中にいる歌手のASKA被告(56)に別の愛人がいたことを批判。ASKA被告の乱れた私生活に苦言を呈した。

 ASKA被告は、現在裁判中の栩内香澄美被告(37)とほぼ同時期に別の女性と交際していたとみられているが、そのことについて、「お元気ね。覚せい剤を使っているとそんなに(元気)なんですかね」と一蹴。「奥さんがいて、さらに愛人が2人いるという状況。事件をきっかけにリセットしていかなければならない」とASKA被告を諭した。

 その後、話題は栩内被告の裁判中の発言についてシフト。テリー伊藤(64)は、栩内被告が「1回目の毛髪鑑定に使われた髪にはASKA被告の汗が付着しており、事実とは異なる鑑定結果が出た」との主張していることについて、「下品な裁判。押尾裁判の時よりもひどい!」と痛烈に批判した。

 さらに、覚せい剤裁判では初犯は執行猶予がつくことが多いことを踏まえ、「栩内被告の判決は有罪でも恐らく執行猶予付きになるはず。それでも無罪を主張しているのは、裁判終了後に釈放されてからのことを考えてのこと」と切り捨てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る